ひよこかあさんとひよこたちの読書日記

読んだ本など徒然なるママの隣で蜩が鳴いているカナカナカナカナ?

ねこねこねこねこねーこー

 うちには猫がおりまして。

まー、オマタの茶色いかわいい王子様(ただし14歳。猫で言えばご老人)なんですよ。

そんなわけで、子供たちも猫の絵本が大好き。

面白い猫の絵本はないかなーと思っていたら、こんな本を発見しました。

ルッキオとフリフリ おやしきへいく (講談社の創作絵本)

ルッキオとフリフリ おやしきへいく (講談社の創作絵本)

 

 

 

ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス (講談社の創作絵本)

ルッキオとフリフリ はじめてのクリスマス (講談社の創作絵本)

 

 

 

ルッキオとフリフリ おおきなスイカ (講談社の創作絵本)

ルッキオとフリフリ おおきなスイカ (講談社の創作絵本)

 

 

黒猫のほうがルッキオで、ブチねこのほうがフリフリです。

二匹は「おやしき」に「しゅうしょく」して、「まぐろのかんづめ」を食べることが夢なんだとか。

なんていうか…。この二匹、かわいくない(笑) 。

イラストを見ればわかりますが、ルッキオは三白眼で目つきが悪いし、フリフリはでぶちーんだし。かわいいからは程遠い…。

しかも、フリフリはルッキオのことを「アニキ」って呼んでます。返事も「ウェーイ」だったりする。

…ヤンキー? 一応、たまにネズミ捕りの仕事を貰ってるみたいだけど、野良のようだし…。野良なら…ヤンキーでも仕方ない…?

で、この二匹、かわいくないんだけど…すごく健気で、頑張り屋で、でも、どこか抜けていて、オチがついて。毎日楽しそうです。

「おやしき」に「しゅうしょく」して「まぐろのかんづめ」を食べる夢があるって、素晴らしいことだな~。なんて、つい教訓めいたことを考えてしまうあたり、自分も大人になったな…。

とりあえず、

「待ってよアニキー」

「フリフリ、はま、いくぞ!」

「ウェーイ」

なんて会話を楽しむことに専念したい…。

育ちがいいからヤンキー語が上手に話せないの!(すみません見栄はりました…)

 

 そうだ。野良猫を擬人化したマンガもあったな…。

これもすごかった…。

NYANKEES (1) (角川コミックス・エース)

NYANKEES (1) (角川コミックス・エース)