ひよこかあさんとひよこたちの読書日記

読んだ本など徒然なるママの隣で蜩が鳴いているカナカナカナカナ?

New Zealand・7日目 (まだまだ帰れない?!)

5月16日…早朝。 

5時30分にモーテルをチェックアウト。 
ジェフさん運転する車で、空港へ…。 

嗚呼…楽しかったニュージーランド旅行も、もうお終いなのねー…。 
次、ジェフさんに会えるのは何時かしら~。 
等と思いながら、空港への道をひた走る。 

そこで、ジェフさんからいや~なニュースが。 

オークランド空港、霧が発生していて大変らしいよ?」 

クライストチャーチからオークランドを経由して成田まで行きます)。 
まぁ、でも、飛ぶだろう。と、タカをくくっておりました。 
…甘かった…。 

まぁ。空港について、とりあえず、チェックイン。 
荷物が重すぎて文句言われる。 
だから、クッキー買いすぎなんだってばよw 

日本人ツアーもちらほら見かける。町の中ではほとんど見かけなかったのに。どこにいたんだろう??? 

そして、ジェフさんとお別れ…。さよーなら、クライストチャーチ… 

と、出発ロビーまで行く。が…。予定の時間が近づいても、なんのアナウンスもない。 
やきもきしていると、弟君が 

「大変だ! 荷物が運び出されてる!」 

なんですとーーーーー!!!!! 
アナウンスよりも先に空気を読んで、行動に移る。 
荷物を受け取るよりも、次の飛行機を手配する方が先! なんてったって、明日の朝には、オークランドに居なきゃいけないんだから。 

オークランド経由で成田まで行くっていうのが、うまく伝わらず、ジェフさんに電話で助けを求める…。ああ、ホント、英会話ちゃんと勉強しとくんだったって思ったよ…。焦ると言葉がでないでない。
相手が言ってることは分かるだけに、ものすごく歯がゆい。 

とりあえず、当日9時20分のオークランド行きがとれた。

がっ。 

今日中には成田に帰れない…。(オークランドから成田へは、1便しか出ていない。それが、行っちゃった…) 
まぁ、オークランドも楽しめるし。いいよねー。と、楽天的にガイドブックを広げる私に対し、顔面蒼白の母。 
「明日の仕事どうしよう…」 
ンなコト言ったって、帰れないものは仕方ない。諦めるしかないのである。 

そして、のんびりコーヒーを飲みながら(もう、みんな、それぞれ好みのコーヒーを注文できるようになっていた)。空港で待つ。 

あー。 
日本人のツアコンが、真っ青になってあちこちに電話かけてる~。ツアコンって、大変だなぁ…。 ←元旅行会社勤務

そして、再び荷物を預けて、出発ロビーへ。一度目に荷物を預けたときの担当と同じ人で、思わずお互い苦笑い。 
「また来たね」 
とか言われる。来たくて来たんじゃないやーい(泣)!!! 

そして、運命の9時20分…過ぎても、まだ、また、なんのアナウンスもないっ!!! 
10時頃…。 
「ほにゃらら~ ほにゃらら~ キャンセル~」 

え? 
おもわず、我が耳を疑った。が、我に返るのも早かった。 
先程と同じようにチケットカウンターまで走って、誰よりも早く(それでも、10番目くらい)、並ぶ!!!

ここでも、先程と同じおっさんが、すまなそーに対応してくれた。 
そして、さらにすまなそーな顔で 
「21時20分発の飛行機しかない…」 
と告げてくれた………orz。 

でも、あるだけまし。てゆか! 私たちの後ろ、長蛇の列なんですけど、この人達本当に今日中に、オークランドまで行けるの?! 不安である…。 

困り果てて、ジェフさんに再度コールすると、 
「荷物、預けられるなら預けちゃった方が良いよ~」
と言われたので、近くのスタッフに、荷物を預けられるかどうか尋ねる。 

「遅い飛行機なんだけど…荷物預けられるかな?」 
「ちょっと待ってて…ええと、チケット拝見できる?」(ココまでは英語) 

チケットを見て、彼女が一言 
「…日本人?」 
と、日本語でつぶやいた。アジア系の顔立ちだけど、日本人じゃないよねーと思っていたら、そのスタッフ、 まさかの日本人でした。ラッキー!
 余談ですが。 
 海外に行ったとき、私はまず間違いなく日本人に見られるのだが、弟君は「何人だかわからない」と言われる。今回もきっと、怪しい外国人だと思われたのだろう…。 
「ええっ アナタも日本人?!」 
おもわず、聞き返してしまった。そこからは、かなりフレンドリーに話が進む。 

「本当は、搭乗の3時間前にならないと荷物預けられないんだけど…」 
「そこをなんとか! もう、キャンセルになったの2度目なんですよ~」 
「ええと。あなたたち、ツアー客?」 
「ちがいます!」 
「じゃあ、預かるわ」 

なんでツアー客じゃないと預かってくれるんだ?  
あとで知ったのだけど、、ツアー客の場合、まとめて荷物を管理しないといけないから、荷物を一個預かるって言うことが難しいんだと思う。(全員同じ行程だから)ツアーもこういうことがあると善し悪しだねぇ…。

というわけで。身軽になった私たち。 
気持ちは重いけど、クライストチャーチ市街へ逆戻りだ!