読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよこかあさんとひよこたちの読書日記

読んだ本など徒然なるママの隣で蜩が鳴いているカナカナカナカナ?

New Zealand・6日目 (ロードオブザリングツアー)

かあさん旅行記
5月15日(木曜日) 

朝、5時に目が覚める…(冗談で、5時出発だよ~。と言われていたのが、本当に効いちゃったらしい) 

出発は、9時。 
なので、朝ごはんを食べて、しばしまたーり。 

日本の感覚で、9時5分前くらいにモーテル前に出ると…。 
まだ来ていなかった…。 
クライストチャーチ周辺なら、ピックアップしてもらえるのだ) 

まぁ、のんびり待ちましょー。 
…待つ。 
…待つ待つ。 

が。30分経っても車が来ない。 
さすがに心配したジェフさんが、ツアー元に電話をしてくれる。 
なんでも、寝坊したヤツが居るとかで、送れてるそーな。 
5時起きした私の立場は一体…。 

9時40分くらいになって、ようやく、四駆到着。今回は、人数が多いとかで…ホントーにでかいよ! よく見ると、タイヤが6つついてる…。四駆じゃなくて、六駆じゃん! 

早速乗り込む。 
日本人は、私たち親子だけ…。ガイドはもちろん英語(日本語のガイドもあるけど、料金が倍くらいになる)。 
最後だったらしく、運転手兼ガイドのおっちゃんが、ぺらぺらしゃべり出す…。 

は…半分くらいしか聞きとれないっ…。それでも、半分わかっただけ偉いと思う!だって、訛りはきついし、早口だし!!! (DayがDieに聞こえるくらいの訛り…)
私、頑張った!!! 

途中、コーヒーショップと言う名の雑貨屋で一休み。 
母上が「コーヒープリーズ」といって、チョコレートドリンクを出される…。なぜだ? 私のカプチーノと取り替えてたけど。チョコレートドリンクにはマシュマロが乗っていた…。マシュマロ、苦手なんだけどなぁ~。とかおもいながら、ぱくり。 
う…うまい! とろ~り、とろけていて。ふんわり甘い!!! 
ちょっと見直したよ、マシュマロ。 
まだ、単体では苦手だけど。
 
余談ですが。
この旅行でコーヒーをオーダーしては失敗(相手の間違いも含めて)している母。英語は苦手なのだけど、ドイツ語は堪能です。
私が第九を口ずさんでいると、発音の訂正が入るくらい。あと、SoundHorizonのメルヒェン(ドイツ人男性によるドイツ語の語りが入ってる)を聞いていたら、後ろで同時通訳してくれるくらいに、ドイツ語は得意なのです。
なんか、毎回コーヒーオーダーに失敗してばかりですが…。今回、たまたま、ですからね!

さて、景色を見ながら、途中寄り道をしたりしながら、ロケ地へ。 
クライストチャーチから出るツアーで見られるロケ地は「ローハン」。 
そこっ! 何もないじゃんとか言うんじゃありません!!! 
確かに何もないけどさぁ。 
一応、私有地だから、ツアーじゃないと見に行けないのだ。 

途中、管理人小屋で鍵を受け取って…??? ん??? 剣をつっこんでる? アレは何に使うのじゃらほい?  

さて。車でぶいーんと私有地の中へ。 
羊がたくさん。 

ガイドのおっさんが一生懸命説明してくれる…。ボロボロになった写真をとりだして言うには、馬に乗ったガンダルフアラゴルンレゴラスギムリがやってきたのは、この草原だとか! 思わずほおずりしそうになる…(やめれ)。 
ここから、エドラスの丘を眺める。今日は天気が良いから登るよ~。とか言われる…えっ? あそこまで登るの? 結構遠いよー。 
と思っていると、車で途中まで行くとのこと。よかったぁ。 

というわけで、車に乗り込んで…川をじゃぶじゃぶ渡りだした!!! 
水しぶきが窓にはねる! 
なんでも、雨の後などは水かさが増えて渡れなくなるらしい…。晴天に恵まれた私たちは、ラッキーだったってコトか! 
あー。借りたガイドブックにGPSで行くためのコードが書いてあったけど、こりゃー(私有地だってコトを除いても)、慣れてないと無理だなぁ。 

で。エドラスの丘近くまでやってきました。 
ここからは、えっちらおっちら登り。といっても、5分くらい。たいしたことないです。 

先程見た、ランドマークがある。 
「日本」 
と言う落書きに苦笑しかでない。それ以上に英語の落書きが多かったけど。史跡ではないけどね…でもさ…。
さて。黄金館の建っていた跡が…跡が…ほんのり? 説明されないとわからない程度。残っている(石に杭を打ち込んだ跡)。 

この位置に、エオウィンが立っていたんだよーとか、さっきいた草原(ガンダルフたちがやってきた方角)はあっちだよー。とか、説明してくれる。 
そして、この位置から、ヘルム峡谷の入り口が見える!!! とか!!
うーん、気が抜けないなぁ。 

黄金館の建っていた場所で記念撮影。オーストラリア人の陽気なオヤジが、剣を持ってはなさねぇw。 
「貸して~」 
とおねだりするも、「重いからキミには無理だよ」とか言われる…。 
まぁ、隙を見て奪ったわけですが。 言うほど重くはなかったです。片手だとキツいかな。くらい。
そして、弟君ときょうだい対決!!! 

ひとしきりみんなでネタ写wが終わった頃、帰路につく。先程の管理人小屋でお昼だそうで。 
また、川をじゃぶじゃぶ渡る。と、鮭がいる!!! 2匹見ました。 

お昼は、クラブハウスサンドイッチと「レンバス」。
ちなみに、みながワインを勧められる中、私ひとり、問答無用でオレンジジュースでした…。成人ですよ…ねぇ、あの、成人…。シクシク。
レンバスは…レンバス??? と言う味。カロリーメイトをさらに甘くしたような…(ヌガーとか、チョコレートとか入ってるし)。でも、ガイドのオッサンは、レンバスだと言って聞かなかった。 
あ。美味しいか不味いかで言うと、美味しかったです。 

犬の鳴き声がしたので何かと思っていたら、牧羊犬が運ばれてました。 わんわん。

そして、また車に揺られて…ステイブリー雑貨店へ。車内では、イライジャ・ウッドピーター・ジャクソンのインタビューが流れる…。あー…ガイドのオッサンの訛った英語に慣れた耳には、イライジャの英語が美しく聞こえる…(話してた内容は下ネタなので割愛)。 

そして、5時30分頃、クライストチャーチ市街地着。
「さんきゅー そー まっち!」 
でした。 

さて。 
まだ開いてる時間だったので、昨日のチーズ屋へ。今度は、羊のミルクのチーズを買う。すさまじく匂うがうまいんだっ!!! 
またまた、3種類、全部で500gくらい購入して、1000円程度。 

市街地を散歩して、カジノを見る。建物を見ただけー。 

夕食の日記に続きます!

文庫 新版 指輪物語 全10巻セット (評論社文庫)

文庫 新版 指輪物語 全10巻セット (評論社文庫)